アジャイル型監査に移行する適切なタイミング

Galvanize

コロナウイルスの世界的なパンデミックによって、内部監査人は、将来を見据え、戦略的な方向性を強めています。また、特にスピードに対するニーズが急増しています。 まだ導入されていない場合は、内部監査機能をアジャイル型にする時期かもしれません。

最近では、 リモートチームの調整から サイバーセキュリティリスクの管理まで、「アジャイル」という言葉をよく聞きます。 日々変わるコロナウイルスの課題や、変更された事業継続性計画のように、特定の事項では高いアジリティが求められます。 しかし同時に、内部監査人は組織が新しく発生するリスクを管理できるように、より迅速に動くことが強く求められています。

また、内部監査機能は、このような新しいリスクにも細かい注意を払っています。 危機的な時期における監査の影響に関して Galvanize が実施した調査によると、内部監査チームの 74% がコロナウイルスリスクに対処するために監査計画を更新しています。

チームがその場で監査計画を更新すると、アジャイル手法を採用することで、より戦略的かつ計算されたアプローチになる可能性があります。 アジャイル手法の始まりはソフトウェア開発でしたが、その後、内部監査などの多くの業界やビジネス機能によって取り入れられてきました。 アジャイル監査プロセスは、従来の監査のような長期に及ぶ単一フェーズの計画ではなく、短期間における反復的で柔軟な計画を中心としています(計画、作業、コミュニケーションの強化を短期間で実行)。

ここでは、アジャイル監査に移行する方法を検討しますが、まず、コロナウイルスの結果として内部監査チームが直面している課題をいくつか説明します。

「従来の監査アプローチでは、適応と変化ができず、監査チームは最新の状況に付いていくことができません。」- Dan Clark 氏(30 年以上の内部監査経験)

内部監査に関する複合的な課題

パンデミックのため、チームはリモートで作業しなければならなくなりました。 これは、新しいリスクにつながり、現場での監査が中断されました。 内部監査人は組織にサポートとガイダンスを提供できなくなりました。 これは世界的な危機的状況ではなくても、重要な業務です。

パンデミックが始まる前でも、監査チームは、いつも十分なリソースがないため、すべてをより迅速により効率的に実行することで常に苦労していました。 上記のサーベイの結果によると、内部監査機能の約 1/3 で、コロナウイルスのために予算をカットされました。 さらに、約 1/4 で要員も削減されました。 このため、かつてないほどに、監査人は文字通り、少ないリソースで、多くのことを実行する必要があります。

ここで、さらに 2 つの障害があります。

1. コミュニケーションの課題

当然、在宅勤務の監査人にとって主な課題の一部は、コミュニケーションに関連しています。 100% リモートの作業で、同僚や関係者との連携を維持することは、簡単ではありません。 そして、監査人は現時点で必ずしも物理的な監査を実行できるわけではないので、クライアントの在庫ロケーションのライブビデオフィードや証拠の写真といった技術に頼る必要があります。 ここでは、このような課題と、 前回のブログで説明した技術によって監査を予定通り実施する方法を紹介します。

2. 高い保証の期待

組織は、常に、そして特に今、リアルタイムの保証を得るために、内部監査チームを必要としています。 今、内部監査チームは、次のような新しいリスクに対処しなければならないため、プレッシャーが高まっています。

  • サプライチェーンの中断。 グローバルサプライチェーンに対するコロナウイルスの影響に関する Institute for Supply Management の調査によると、約 75% の企業でサプライチェーンが中断されています。 組織は十分なオペレーションを継続するために十分なリソースがあるのか。 新しいサードパーティのリスクがその組み合わせに追加されているか。
  • 人的資本に対する影響。 メンタルヘルスプログラムから、コロナウイルスの状況における雇用の停止まで、従業員に何が起こっているのか。 誰がどのプログラムを管理しているのか。 このプログラムの効果はどの程度か。
  • サイバーセキュリティリスク。 コロナウイルスなどの危機には、無数の潜在的なサイバー リスクが付随します。 在宅勤務の人数が増える中、従業員のデバイスは安全であるか。 どのようにして組織はコラボレーション用のクラウドベースツールのセキュリティとユーザーアクセスを監視しているのか。
  • 財務諸表。 このパンデミックでは、会計上重大な混乱が生じます。 どのようにして政府の財務サポートやキャッシュフロー予測などが監査に影響するのか。

組織を適切にサポートするため、内部監査は、すべての直接的および間接的なコロナウイルスリスクに対する経営陣の認識を評価する必要があります。 このような動きが速く、流動的な環境では、従来の監査計画に厳密に従うと、監査チームは遅れを取ってしまいます。

アジャイル監査では、洞察の認識がより迅速になり、フィードバックが速くなるため、チームはすぐに調査結果を取り込むことができます。

アジャイル監査を導入することでどう容易になるのか

アジャイル手法には多くの利点( この eBook の概要を参照)がありますが、最もタイムリーである 3 つの利点は次のとおりです。

1. コミュニケーションの強化

アジャイル監査アプローチでは、コミュニケーションがより頻繁に気楽に行われ、定期的なチェックと短期間での実行が可能になります。 このような確認は、ともすれば分断されるおそれがあるリモートチームと主要な関係者にとって有益です。 仮想スタンドアップミーティングは短時間で終わり、チームは昨日の実績、今日の作業予定、考えられる障害について迅速に把握できます。

2. 新しいリスクを迅速に認識

アジャイル監査はデータ分析に多く依存するため、リスクインジケーターとトレンド分析を確立することで、監査チームは、好影響または悪影響を及ぼしうる新しい傾向を見逃さずに察知できます。 このような傾向の発生初期に対応すると、従来の監査手法よりも大幅に早い段階で重要な影響を軽減できます。

3. リアルタイムの保証

加速したデリバリーサイクルで作業しているため、2 ~ 3 週間ごとに作業を再評価できます。 つまり、結果と洞察の認識がより迅速になり、フィードバックが高速になります。 チームは、ただちに調査結果を継続中の開発フェーズに取り込むことができます。

特に今は、アジャイル監査手法を導入するという考えがあまりにも現実的ではないように思われても、心配することはありません。 アジャイル監査は 100 か 0 かのアプローチではないことを理解することが大切です。 必要なときと場合に応じて従来の監査方法も使いながら、少しずつ始めてもまったく問題はありません。

アジャイル監査への移行を開始する 5 つの方法

  1. 独自のプロセスを自己評価し、アジャイルに適合するようにカスタマイズする部分と方法を確認します。 現在のスタッフについても自己評価し、スタッフの適応性を判断します。 内部監査チームは現在アジャイル監査への準備ができているか。
  2. 経営陣の同意を得ます。 まず、アジャイルアプローチがどのように価値を追加するのかを示すロードマップを共有することから始めることをお勧めします。 前述のように、すべてを完璧にするのではなく、トライアルやパイロットから始めて評価し、必要に応じて更新します。
  3. 経験豊富なアジャイル監査チームを導入する、アジャイルコーチと協力するなどの方法で、スタッフをトレーニングします。 学習曲線があります。
  4. オンラインプロジェクト管理およびコラボレーションツールを導入します。 たとえば、 AuditBond を使用すると、自動ワークフロー、標準テンプレート、ビルトインの監査証跡、リアルタイムレポートによって、移行をよりスムーズに行うことができます。
  5. アジャイル監査手法の詳細については、 eBook の詳細をお読みください。

コロナウイルスのパンデミックは、世界中で健康上および財務上の深刻な結果をもたらしました。 作業やコミュニケーションの方法を含め、平常な状態の感覚と日常の活動が破壊されました。 しかし、同時に、アジャイルな組織はより能動的で回復力の強い組織になりました。 このような組織はコロナウイルスからの回復計画に重点的に取り組み始めると、内部監査を含むすべてのチームが俊敏になるほど、効果的になります。

eBook:

機敏なスピードで実施する監査

機敏な監査を実装するメリット、課題、そしてベストな方法を探りましょう。 学習

  • 監査において機敏なアプローチの採用を検討する理由
  • 一般的な移行時の難題に打ち勝つ方法
  • 機敏な監査を始める10のステップ

eBook をダウンロード

関連記事

lang="en-US"