テクノロジーが不正、無駄、エラーの迅速な検出を支援する方法

Galvanize

組織はコロナウイルスからの長期的な回復を模索していますが、適正な運転資本が非常に重要です。 では特に、業者、請負業者、従業員の経済的なプレッシャーが増大する中で、どのように不正、無駄、エラーを検出できるのでしょうか。

パンデミックからの回復の道のりは長いかもしれませんが、コスト削減のニーズは差し迫っています。 民間セクターであっても、公共セクターであっても、不正、無駄、エラーによってある程度の金額の収益を失っていることは確かです。

The Association of Certified Fraud Examiners (ACFE) は、世界中の組織が不正行為のために 5% の収益を失っていると推計しています。 2019 年だけでも、米国政府は 1750 億ドルを超える不適切な支払いを行いました(間違った金額の送金、間違った相手への支払いなど)。

あなたの組織が失っている可能性がある金額はどのくらいでしょうか。 この質問に答えることができるでしょうか。当然、最初の段階でこのような損失を防止する必要があります。 だから、当社は、30 年間以上 ビッグ 4 の会計事務所や世界中 6,000 もの監査および財務部門と協業してきた経験を活用し、 コスト管理クイックスタートセットを開発しました。

ACL Robotics の機械学習機能に基づくコスト管理クイックスタートは、18 個の簡易 ROI アナリティクスを組み合わせて、組織が詐欺、無駄、エラーを検出し、財務損失を迅速に防止できるように支援します。 利点について説明する前に、組織に影を落とす 2 つの誤った通念を紹介します。

1. ERP システムで十分である

ERP 統制は、プロセスとデータが完璧であるときに、優れた能力を発揮します。 (ヒント: それらは 決して完璧ではない。) 買掛金チームが 1 か月間マネージャーのデスクで停滞していた、2 日以内に支払期限になる請求書を処理するとき、または一部のデータ統合で業者レコードが重複したとき、エラーや間違いが非常に頻繁に発生することがわかります。

2. コスト回復サービスで処理する

サードパーティのコスト回復サービスは不正、無駄、エラーを検出しますが、問題の修正を支援しません。 このビジネスモデルは、エラーと不正を検出し、一部の収益を保持することを中心としていて、プロセスの改善は推進しません。 さらに、データをコスト回復業者に引き渡すときに、どの程度安全であるのかを理解していますか。

誤った通念を少し紹介したので、次は事実について説明します。当社は、数百の組織が社内外に流出させてしまった収益を回復するお手伝いをしてきました。

ACL Robotics で生成された結果で作業するため、ダッシュボードの更新は ROI と削減額を追跡します。

「組織がコロナウイルス危機管理を抜け、回復モードに進むときには、コスト削減努力が正面かつ中心になります。」

短期間で資金を確保した実際の例

製品の利点を説明する前に、Galvanize ソフトウェアで収益漏れ、詐欺、エラーを迅速に検出したお客様の事例を匿名で 5 つ紹介します。

  1. あるグローバル農機具メーカーは、360 万ドルの詐欺を即時に検出しました。 長年の間、保守マネージャーが請求書の偽装で業者からキックバックを受け取っていました。 これらの請求書は、 ベンフォードの法則による異常フラグに基づいて検出されました。数字「47」で始まるデータの請求書には異常な金額の増加が見られたのです。
  2. ある大学は当社のソリューションを使用して、35 万ドルに相当する IT 資産ハードウェアの不正流用計画を明らかにしました。 プログラムが拡大し、10 万ドル以上の重複する請求書と、補助金コンプライアンスの見落としで 20 万ドルの節約が検出されました。
  3. ある 180 億ドル規模の資材メーカーは、不審な買掛金の支払いと請求書を検出しました。 数百もの高リスクキーワードとデータを比較し、ある従業員が自分の子供のハーバード大学の授業料に請求書を送信していたことが検出されました。 別の従業員は、自分が所有する事業に契約書を割り当てていました。
  4. ある医療関係のお客様は、ACL Robotics の異常値検出機能を使用して、医療用消耗品で平均的な料金の 3 倍の料金を請求されていたことがわかりました。 業者が箱単位で出荷した単位数を変更していたため、誰も不一致には気付きませんでした。ERP では何も検知されませんでした。
  5. あるビジネスサービス会社では、内部監査部門長(CAE)が定期的に「出張で」事業所がない都市を訪れていました。この会社は調査によってすぐに問題を見つけました。フットボール好きの CAE がスポーツイベントに行っていたことを突き止めたのです。

コスト管理クイックスタートセットの実際の例の詳細については、当社の Office Hours ポッドキャストの エピソード 3 をお聴きください。

コスト管理アナリティクスプログラムでは、支払いの重複や請求書の間違いといったエラーをすばやく簡単に特定できます。

コスト管理クイックスタートセットの利点

資金を短期間で確保することで、ROI が向上することは既に示しました。 次に 5 つの利点を示します。

1. 専門家によるサポート

当社のチームは、お客様が当社の安全なクラウド環境にデータを共有し、当社の 18 アナリティクスに対して適用できるようにお手伝いします。 問題点をすぐに調査し始め、資金を確保することができます。大がかりな IT サポートやデータサイエンティストは必要ありません。

2. 回復が多く、疑問が少ない

取引の 100% を容易に監視できるようになるため、誤った支払いや不適切な支払いを防止し、資金を短期間で回復できます。

3. データ、データ、そしてさらにデータ

居住地の住所や事業所の住所から、米国政府の支出や国勢調査データまで、多数の既存の ACL Robotics スクリプトを使用できます。

4. 多目的ツールキット

このセットを、包括的な支出および統制監視プログラムの出発点と考えてください。 これらのツールは、収益漏れ、税コンプライアンス、福利調整、不適切なカード利用経費などの分析に応用できます。

5. 理解しやすい結果

チームは直接、透明性の高いレポートを受け取るため、関係者と経営陣にすぐに ROI を示すことができます。 アナリティクスプログラムを調整、カスタマイズして簡単に自分のものにすることができます。

組織がコロナウイルス危機管理を抜け、回復モードに進むときには、コスト削減努力が正面かつ中心になります。 スタッフの解雇、採用の凍結、マーケティング予算の削減、従業員プログラムの削減といった可能性ではなく、本来であれば自分のものであった資金を探し出す方が良くありませんか。

プロダクトシート:

コスト管理クイックスタート

Powered by ACL Robotics

内容:

  • セットの内容
  • 利点と quick-win アナリティクスの詳細
  • 使用可能なアドオンと他の考慮事項

プロダクトシートを見る

関連記事

lang="en-US"